このクリニックの相沢浩ドクター曰く、

様々なストレスやホルモンバランスが乱れによって、 皮脂分泌が過剰になり、 その結果、毛穴を詰まらせトラブルを引き起す、が定説ですよね。そして、これが大人の女性の肌トラブル発症のメカニズムでした。

しかし、このクリニックでの1~2 年の研究で、 そのメカニズムがよりいっそう明確になってきたんです。

多くの方の角質層の皮脂量と水分量を独自に測定したところ、 トラブルの発生している部分は水分量が少なく乾燥状態になっていることがわかりました。

一方、トラブルの有無に関わらず、顔全体の油分量には変化が無い、という結果もわかりました。

つまり、根本的な問題は皮脂分泌量の増加ではなく、 角層の水分量減少によるバリア機能の低下にあったということなんですね!

よって、皮脂のコントロールよりも、バリア機能を強化する、という「保湿」重視のアプローチが重要となりました!

そこでこちらのサイトから詳細をどうぞ!