テレビのコマーシャルで“弱酸性”という言葉をよく耳にすることから、「なんとなく弱酸性の方が肌によさそう」と感じている方は多いと思います。

お肌の表面は確かに弱酸性なので、その観点からすると、弱酸性がよさそうなんです。でも、肌のペーハーに近く、柔らかな洗い心地というのは、乾燥肌や敏感肌の人にはとてもいいですが、ニキビの予防という観点からすると、「汚れ落ちがあまり良くない」という弱点があるんです。

では、弱アルカリ性の洗顔料の効果というと?
汚れを落とすという観点からすると、弱アルカリ性の洗顔料の方が優れています。ニキビの原因は、「余分な皮膚や皮脂で毛穴を詰まらせていること」なので、弱酸性では洗いあがりがやさしいため、毛穴をつまらせる汚れをすべて落としきれない可能性があるんですね。

そのため、弱アルカリ性の洗顔料でしっかりと余分な汚れを落とすほうが望ましいのです。