大人ニキビは、若い時にできるニキビとは少し違います。
大人ニキビとは、思春期を過ぎて大人になってからできます。 原因は、一つに絞れないのが特徴です。 不規則な食生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、スキンケア、化粧品、などさまざまな要因が考えられます。また、個人ごとに、原因も異なります。

一つの説として、ストレスや不規則な生活習慣からくるお肌のターンオーバーの乱れが、密接に関わっているといわれています。ターンオーバーとは皮膚の生まれ変わりのことで、新しい細胞と古い細胞が、約28日周期で入れ替わる新陳代謝のサイクルです。 ターンオーバーのリズムは人によって異なりますが、このリズムが乱れると、古くなった角質が溜まってしまい、角質層全体が厚くなって毛穴がどんどん狭く詰まりやすくなってしまいます。これが大人ニキビへとつながる説があります。